医療法人医誠会 城東中央病院
Home > 診療部門のご紹介 > 栄養管理科

栄養管理科

入院中のお食事

城東中央病院 栄養管理科入院中の食事は治療の一環であり、それぞれの患者さんの病状と必要な栄養量に応じた食事を提供しています。

入院中の栄養管理

①ミールラウンド

管理栄養士が、患者さんの食事中にお伺いし、おいしく安全にたべていただけているか確認します。

②栄養評価

入院時に 身長、体重、食事摂取量、血液データなどからリスク分けを行い、定期的に栄養評価を行っております。
この際、健康状態や喫食量などに合わせた対応を行っています。

入院中の栄養指導(治療食 低栄養 摂食嚥下障害など)

入院中にベットサイドにて栄養指導を行っております医師の指示のもと、入院中にベットサイドにて栄養指導を行っております。
普段の食生活の聞き取りから、ご自宅に帰られた際の食事の心配な事や、病院の食事形態や治療食について丁寧に説明させていただきます。
高齢になると 主食(ご飯など)は摂取していても たんぱく質(肉や魚や卵)やビタミン類(果物 野菜類)などが不足しがちです。
食事摂取量が少ない患者さんには、少しの工夫で栄養量がアップするような提案をさせていただきます。
また、簡単に手に入るようになったサプリメントについても正しい知識をもってご相談に乗ります。
入院患者さん自身の理解が不十分な場合は、ご家族同席で栄養指導をさせていただいています。
退院後も外来の栄養指導でフォローします。

外来栄養指導について

医師の指示のもと、糖尿病 腎臓病 肝臓病など生活習慣病を中心に栄養指導を行っております医師の指示のもと、糖尿病 腎臓病 肝臓病など生活習慣病を中心に栄養指導を行っております。
患者さんご自身が 調理を行っていない場合は調理担当者に同席をしてもらうこともあります。
また、栄養診断ソフトを使用して、ご自宅で食べられている食事内容を聞き取りながらその場で栄養量を診断し、的確な提案をさせていただきます。
栄養診断ソフトを使用することで 患者さん一人一人の食事内容を分析(アセスメント)し、不足している栄養成分が一目でわかります。

栄養管理科発行のたより

城東中央病院について

〒536-0014
大阪市城東区鴫野西
5-13-47
Tel 06-6962-0015
Fax 06-6962-5309
info@jouto.com