医療法人医誠会 城東中央病院
Home > 来院されるみなさま > 栄養管理科レシピ > きのこごはん

栄養管理科レシピ

きのこごはん

広報誌ほほえみVol.15掲載)

秋の食材“きのこ”で季節を感じよう

きのこごはんきのこの種類は約4000種類あり、そのうち食用になるものは約300種類ありますが、現在、市場に出回っているのは約22種類。
日本は、温暖で雨量も多く、きのこの生育に適した気候であり、多くの種類のきのこが見られます。
それぞれに独特な香りや味があり、また歯ごたえも楽しめる食材です。

きのこの栄養成分

水分が多く、低エネルギーの食材。ビタミンB1、B2、ナイアシン、カルシウム、食物繊維などを含みます。うま味成分の5'-グアニル酸も含まれます。

きのこに含まれる特有の成分

きのこ類の選び方

きのこ類の保存方法

生のきのこ類は痛みやすいので、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保管し、2~3日以内に使い切るのが良いでしょう。乾燥きのこは湿気を避け、涼しいところに保管するようにしましょう。

食中毒に注意

毎年きのこ類による食中毒が起こっています。食用きのこと毒きのこの判断は難しいものも多い為、素人判断で食べないようにしましょう。

作り方

  1. きのこごはん人参と生姜は千切りにしておきます。きのこはほぐしておきます。
    きぬさやは下茹でし、千切りにしておきます。
  2. 米を研ぎ、調味料と水を加え、目盛りまで入れます。1.の人参と生姜ときのこを入れます。
  3. 炊き上がったら、仕上げにきぬさやを盛り、完成です。

材料

今回はしいたけ2枚、まいたけ1/2パック、しめじ1/2パック使用しました。


城東中央病院について

〒536-0014
大阪市城東区鴫野西
5-13-47
Tel 06-6962-0015
Fax 06-6962-5309
info@jouto.com