医療法人医誠会 城東中央病院
Home > 来院されるみなさま > 栄養管理科レシピ > 梨を使った水キムチ

栄養管理科レシピ

梨を使った水キムチ

広報誌ほほえみVol.19掲載)

果物とは…

成分は、水分を最も多く含み、次に果糖やブドウ糖などの糖質を含みます。
ビタミンCも多く含むので、ビタミン供給源として有用ですし、種類によって差はありますが、食物繊維やカリウムも多く含みます。特に旬のものは栄養科が高く、安価で売られます。

梨には、日本なしと西洋なしがあります。
日本なしはみずみずしく、あっさりとした甘さを持ちます。 食感がさっくりとしているのは、石細胞という細胞が点在しているからです。 西洋なしは日本なしとは違い、しっとりしています。とてもいい香りがします。

作り方

  1. 梨を使った水キムチ材料を切ります。キャベツは一口大、ピーマンとパプリカは細切り、梨は5mmの厚さにスライスします。
  2. 水には調味料を全て加え、1.の野菜を入れる。
  3. 半日ほど漬け込んだら完成。

材料4人前

きゅうり、玉葱、にんじん、ミニトマトなどなど…
冷蔵庫に余っている野菜を使い切るのにも便利です。
唐辛子とにんにくはお好みに合わせて調整してください。
梨の食感と甘みを楽しめる一品です。


城東中央病院について

〒536-0014
大阪市城東区鴫野西
5-13-47
Tel 06-6962-0015
Fax 06-6962-5309
info@jouto.com