医療法人医誠会 城東中央病院
Home > 来院されるみなさま > 栄養管理科レシピ > 豆乳で作る きのことじゃが芋のグラタン

栄養管理科レシピ

豆乳で作る きのことじゃが芋のグラタン

広報誌ほほえみVol.27掲載)

豆乳で作る きのことじゃが芋のグラタン食欲の秋と言われるように、秋は美味しい食べ物が豊富な季節です。
今回はそんな秋の味覚からシメジを紹介します。

シメジの効能について

「香り松茸味シメジ」と言われるように、うま味が強いのが特徴な食材です。風味を損なわないようにするには、手早く洗い、加熱しすぎない事が調理のポイントです。またシメジをはじめとするキノコ類には食物繊維が多く含まれている為、便秘の予防・改善にも効果が期待できます。

作り方

  1. 玉ねぎ・ベーコン・シメジは食べやすい大きさに切ります。ほうれん草は軽く茹でて水気を切り、適度な大きさに切ります。
  2. じゃが芋は皮を剥いて、5mmの厚さに切り、耐熱皿に入れてラップをし約5分加熱します。
  3. フライパンにバターを溶かして玉ねぎ・ベーコン・シメジを炒め、玉ねぎがしんなりしてきたら、じゃが芋とほうれん草を加えて炒めます。
  4. 小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
  5. 豆乳を加えて、とろみが出てくるまで底からしっかりとかき混ぜ、とろみがついたら塩と胡椒で味を調えます。
    ※底が焦げやすい為注意が必要です!
  6. 耐熱皿に移しいれ、ピザ用チーズとお好みで粉チーズを振り、200度のオーブンで約20分くらい焦げ目がつくまで焼いたら完成。

豆乳がない場合には牛乳で代用しても美味しくできます!

材料1人前


城東中央病院について

〒536-0014
大阪市城東区鴫野西
5-13-47
Tel 06-6962-0015
Fax 06-6962-5309
info@jouto.com